在宅ケア・訪問鍼灸・運動療法

共笑治療院

HOME
共笑治療院とは
受付時間・往療地域
料金について
お問い合わせ
院長プロフィール
リンク

治療費の詳細





保険利用の場合


厚生労働省保険局の通達の通り、健康保険が適応される疾患や治療費(療養料)が定められています。

適応疾患は以下の6疾患と医師が鍼灸治療を認めたものに定められております。
@腰痛症

椅子やベッドで同じ姿勢でいると、ジワジワと痛む
立ち上がろうとした時や前かがみになると痛い   等々

A五十肩

四十肩とも言い、正式には肩関節周囲炎と言います
腕を水平以上に挙げるとズキッと痛い
頭の後ろに手が回そうとすると痛い
腰の後ろに手が回そうとすると痛い  等々

B頚腕症候群

ひどい肩こり・首こりなどから起こる頭痛や背部・肩・腕・手のしびれや痛み等

C神経痛

坐骨神経痛や顔面神経痛、肋間神経痛など
針で刺したような痛みや、焼けつくような痛みが不規則に起こったりします。

Dリウマチ

自己免疫疾患と言われています
ARA分類基準
1、朝のこわばりが1時間以上持続する(特に手指に起こりやすい)
2、多関節炎(少なくとも3領域以上の関節の腫れ)
3、手の関節の腫れ(第2関節に多い、第1関節はヘバーデン結節が多い)
4、左右対称性の関節の腫れ
5、リウマチ結節
6、リウマノイド因子(リウマチ因子)陽性 (血液検査)
7、レントゲン検査で典型的な関節所見

以上の7項目の内、4項目以上を満たせば「関節リウマチ」と診断される

E頸椎捻挫後遺症

いわゆるムチ打ち症
交通事故(追突された)等、頭が前後に激しく揺さぶられて起こる症状
めまいや吐き気、頭痛、腕のしびれなどの症状
交通事故後の治療は、加害者が加入している自賠責保険や任意保険で行います。

その他、痛みを伴う慢性疾患で医師が鍼灸治療を認めたもの。

現在、痛みを伴う様々な疾患が存在します。
病院等で長期治療を続けたが、効果が見込めず、医師が東洋医学での治療を認めた場合適応されるものがあります。
ご加入の健康保険により、適応・不適応の判断が違う場合があります。


※医師の同意書が必要です。(同意書の書式はこちらでご用意致します。)

当院でご用意する「同意書書式」を主治医に渡してください。
普段、通院されていらっしゃらない方は、近隣の病院、医院を受診して記入頂いて下さい。
歯科医は不可です。

※病院・接骨院等で治療中の疾患は、保険を使った鍼灸治療をご利用になれません。

腰痛で訪問治療を希望されていても、整形外科や接骨院・整骨院で腰痛治療をされている場合は保険の適応となりません。
数か月に1回、ブロック注射をしているだけ・・・という方でも不適応となります。








施術費


鍼・灸施術を行った場合
 初回 3240円 (1割:324円 3割:972円)
 2回目以降 1580円 (1割:158円 3割:474円)

電気鍼・電気温灸器を使用した場合は30円加算





往療料


往療料とは

医師がご自宅まで訪問して診察や治療を行うことを「往診」といいますが、鍼灸師やマッサージ師がご自宅へ訪問治療を行うことを「往療」と呼びます。

分かりやすく言えば「交通費/出張料」のようなものです。

この往療料も厚生労働省の保険局により定められております。
 2300円 (4kmまで)

4kmを越える場合2700円となります。

治療院は八幡市男山の「京阪バス男山車庫」のすぐ近くですので、下記は目安です。

目安となる地域
4.0km 淀駅、牧野駅、西長尾小学校、久御山南インターまで

治療院からの距離と、直前の患者様宅からの距離で近い方の往療料になります。
例) 治療院から6km離れていても、直前の患者様宅が4km以内であれば往療料は2,300円です。

対応可能な地域は最大で16kmまでです。





自由診療・パーソナルトレーニング

保険を利用せずに行う鍼灸と運動療法です
 局所治療 30分 ・・・3,500円(税込3,780円)
 全身調整 60分 ・・・6,000円(税込6,480円)

上記価格に4kmまでの往療料(交通費)を含みます。
4km以上の場合、2km毎に500円の往療料を加算させていただきます。

PAGE TOP



HOME | 共笑治療院とは | 受付時間・往療地域 | 料金について | お問い合わせ | 院長プロフィール | リンク






京都府八幡市男山から訪問施術致します


電話 075-201-9052


施術のご相談等はお電話・メールにてお気軽にどうぞ




所在地:自宅からの訪問専門で施術しておりますので、所在地はご依頼された方のみにお伝えしております。